スタッフブログ

タラまつり 友愛の郷

  • 2020年2月4日

今日は毎年恒例の2月4日、にかほ市金浦山神社の「タラまつり」に合わせまして、特別昼食の鱈汁が提供されました。

別名「掛魚まつり」などと呼ばれ、全国に知られる奇祭のひとつに数えられています。

掛魚(かけよ)とは、漁師が氏神様にお供えする魚のことで、祭りの主役となる大タラは一匹ずつ荒縄に釣り下げられ、海上安全、豊漁を願って金浦山神社の神前に供えられます。

友愛の郷ではこのタラまつりに合わせて、長年の厨房のノウハウが活かされた鱈汁が提供されます。

利用者さんたちからは、「タラうめどー」「体あったまっていいなぁ」などの感想が聞こえてきました。

皆様も秋田の数々の冬の祭りをお楽しみください。

2020鱈祭り1 2020鱈祭り2 2020鱈祭り3